引用元: ・http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1528682976/

1: しじみ ★ 2018/06/11(月) 11:09:36.26 ID:CAP_USER
中国との連携を強め、米副大統領を罵倒したかと思えば、「トランプ大統領を内心評価してきた」と手のひら返し。
その一方でロシアにも接近し……。金正恩・朝鮮労働党委員長のあからさまな「コウモリ外交」について、
著述家の宇山卓栄氏は「強大な中華帝国に隷属し続けた朝鮮半島の過酷な歴史がその背景にある」と指摘する――。

■米中ロの間を渡り歩く北朝鮮

『イソップ寓話』の中に、「卑怯なコウモリ」という一話があります。
かつて、獣の一族と鳥の一族が戦争をしていました。
両者の戦いを見ていたコウモリは、獣の一族が優勢な時、
彼らに「私は全身に毛が生えているので、獣の仲間です」と言いました。
鳥の一族が優勢になると、コウモリは彼らに「私は羽があるので、鳥の仲間です」と言いました。

『イソップ寓話』は紀元前6世紀に、
ギリシアのアイソーポス(英語読み:イソップ)という人物によって編纂されました。
こうした寓話には、時代を超越した普遍の真理が隠されているものです。

北朝鮮の外交はまさに、イソップのコウモリと同じです。
北朝鮮は中国との連携を強め、ペンス副大統領を罵倒するなど、アメリカを揺さぶっていました。
トランプ大統領が5月24日、米朝首脳会談を中止すると発表すると、突如態度を変えて、
「トランプ大統領を内心高く評価してきた」などと言い、今度はアメリカに抱き付いてきたのです。

その一方で、5月31日、ロシアのラブロフ外相との会談で、
金正恩委員長は「(アメリカの)覇権主義に対抗して、
(ロシアの)指導部と綿密に意見交換していきたい」と述べ、プーチン大統領を持ち上げました。

■反故にされるとわかっている「合意」

6月12日の米朝首脳会談やそれ以降の会談で、どんな合意がなされようとも、
北朝鮮はお得意の「コウモリ外交」で、また手のひらを返し、約束を破ることは間違いありません。
北朝鮮との外交において大切なのは、「どのような合意をするか」ではなく、合意が破られた後、
軍事オプションも含めて、「どのように制裁するか」ということです。
アメリカが多少の妥協をして、何らかの合意をしたとしても、どうせその合意は紙屑になるだけのこと。
「トランプ大統領が妥協するかどうか」を詮索すること自体、無意味です。

ボルトン補佐官をはじめとするトランプ政権の強硬派の面々は、「卑怯なコウモリ」が裏切ることを前提にして、
その首をどのように斬るかということを考えていると思います。それが彼らの最大の役割だからです。
もし、それができないのならば、トランプ政権はオバマ政権と同様に、歴史に汚名を残すことでしょう。

■19世紀末李氏朝鮮の「コウモリ外交」

とはいえ北朝鮮には、「コウモリ」を演じているという自覚がありません。
なぜならば、それは歴史的に培ってきた彼らのDNAであり、体に染み付いた自然の習性であるからです。

19世紀後半の李氏朝鮮時代に閔妃(びんひ)という人物がいました。
彼女は王妃でしたが、夫の高宗に代わり、実権を掌握していました。

中国の歴代王朝は、朝鮮を属国にしていました。閔妃の時代の清(しん)も同様です。
閔妃は宗主国の清にすり寄る一方、明治維新後の日本にも接近しました。
日本を後ろ楯にすることで、清を揺さぶることができると考えたのです。

日本は閔妃の「コウモリ外交」を知りながら、惜しみなく朝鮮に資金を援助し、技術開発を支援しました。
また、日本人の教官が派遣され、近代式の軍隊を創設して軍事教練を施したりもしました。

清は日本に対抗するため、朝鮮への駐在軍を増強し、朝鮮支配を強化します。
この時、清の駐在軍を指揮していたのが、若き日の袁世凱でした。
袁世凱らの軍勢は朝鮮で略奪・強姦を繰り返し、暴虐の限りを尽くします。
こうして清の支配が強まると、閔妃は日本を裏切り、清にすり寄りはじめました。

しかし、この時、日本は閔妃を非難しませんでした。
当時の対朝鮮外交の責任者であった井上馨は、閔妃の「コウモリ外交」を、属国ゆえの悲哀として憐れんだのです。


http://president.ismcdn.jp/mwimgs/1/9/670mn/img_1919af873d62b4e6dd6446200e56c3e384176.jpg

PRESIDENT Online - プレジデント
http://president.jp/articles/-/25386
続く)

2: しじみ ★ 2018/06/11(月) 11:10:08.47 ID:CAP_USER
続き)>>1
■国の創始者が「事大主義」を国是に

清と日本の両勢力が朝鮮半島でぶつかった結果、ついに戦争が始まります。
これが日清戦争(1894~1895年)です。
閔妃をはじめ、朝鮮の廷臣の誰もが「日本が大国の清に勝てるわけがない」と考え、清にますます追従しました。

しかし、日本が優勢になると、閔妃は清を裏切り、親清派の廷臣を切り捨て、親日派の廷臣を登用し、
日本にすり寄りました。その一方で、閔妃はロシアにもすり寄りはじめ、日本の影響力を削ごうとします。
ロシアが三国干渉に成功し、日本が清に遼東半島を返還すると、閔妃はロシアへの依存を強めていきます。
ここに、閔妃の「コウモリ外交」が極まりました。最終的に閔妃は内乱に巻き込まれ、暗殺されます。

朝鮮半島は岩盤地質の山岳に覆われ、土地の痩せた貧弱な地域です。
肥沃な中国大陸の東の果てに付随する半島国家として、中国など強い勢力に隷属するしかなかったのです。
それが朝鮮の悲しい宿命でした。

この隷属は「事大主義」と呼ばれます。李氏朝鮮の創始者の李成桂(イ・ソンゲ)は
「小をもって大に事(つか)ふるは保国の道」と言い残しています。
これは『孟子』の「以小事大」からとったもので、
大国の中国に事(つか)えることが肝要とする儒教の考え方で、李氏朝鮮の国是となり、
代々受け継がれていきました。

そのときどきに力を持つ者にすり寄り、状況が変わればすり寄る相手を乗り換えることは、
「事大主義」という名のもと、儒教によって大義名分を与えられた立派な倫理規範であるのです。
長きにわたる属国としての歴史の中で受け継がれた彼らの価値観は、
「コウモリ」的な振る舞いを悪しきものとするわれわれの価値観とは異なります。

続きはソースで

PRESIDENT Online - プレジデント
http://president.jp/articles/-/25386

7: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/11(月) 11:13:53.42 ID:BWHXYVj8
裏切るのではなく騙してやったと解釈して賢い者とする文化
根本的に価値観があわない

8: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/11(月) 11:14:34.15 ID:Ld+2auAv
コウモリのDNAが詰まっている
変えられないし変わらない

9: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/11(月) 11:15:00.43 ID:1sILWYfG
他に術をもたないから

10: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/11(月) 11:15:12.84 ID:hM3gu+at
今回の場合、裏切るとトマホークが上から落ちてくるんじゃまいか?

12: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/11(月) 11:15:54.96 ID:+IF2zd7I
そもそも、本気で非核化するなら最初から難癖付けずにすぐやるのが普通だしな
長引かせようとしたり、段階的にといったり、気に入らないと排除するような奴が
本気で非核化なんかするわけがないだろう
段階でやったらまた途中で態度変えて元に戻るだけだわ

51: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/11(月) 11:31:38.26 ID:e/m3TJDw
>>12
>そもそも、本気で非核化するなら最初から難癖付けずにすぐやるのが普通だしな

全然違うと思うよ
生き残るためには核兵器を持つしかないと判断したから核兵器を作ったんだ

生き残る為の保証が何にもないのに捨てるわけがない

だから君、根本的に何にもわかってないと思う

91: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/11(月) 11:45:30.16 ID:+IF2zd7I
>>51
おかしなことを言うな?
生き残る為ってなんだ?北の国民が生き残る為か?
それとも金一族が生き残る為か?
そもそも国民が生き残る為だったら、もっと前のアメリカとの約束で核開発なんかしてなければ
よかったんじゃないのか?
生き残る保証なんてどの国にもないだろ。内政はその国の問題だ

114: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/11(月) 11:55:24.97 ID:e/m3TJDw
>>91
馬鹿じゃないの?
本気で言ってそうだな、君

国民の声が届くような体制なんか、あの国?

君は政治なんかに興味持つにはあまりにお馬鹿さんすぎるだろ

110: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/11(月) 11:53:22.67 ID:TPKvuve3
>>51
北朝鮮の生き残りって
北朝鮮という国と国民の生き残りではなく、
金一族の生き残りのこと。

北朝鮮の核は、国家の核ではなく、独裁者の核。
北朝鮮の民衆が 独裁に反抗して立ち上がったら、
民衆に対しても容赦なく使われる。

日本の共産党が原発に反対しているのは、
ブルジョワ政府が原爆を持ったら 暴力革命が不可能になるから。

その逆バージョンで、共産主義者が政権を取ると、
共産主義政権を守るために核を持つ。

16: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/11(月) 11:18:36.57 ID:UGDS49OP
南はアメリカに、北は中露に徹底的に事大してればすっきりするのに
南が中国に接近し、北がアメリカの顔色をうかがったりと
それぞれが足元が定まらずにフラフラしてるからおかしなことになる

18: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/11(月) 11:18:45.30 ID:KUoLzFE+
独裁国家が協調なんてできるわけがないしな
トランプは将来恥をかかされることになるだろ

19: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/11(月) 11:18:55.59 ID:uL8m8c9P
今ワイドスクランブルで北朝鮮問題やってるけど増田ユリヤがめちゃんこウキウキしながら北朝鮮の説明してる
安倍政権の話の時との落差ありすぎて怖い

24: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/11(月) 11:21:08.78 ID:vYqjHIdP
子分で手打ちをさせて、親分(中国)は海洋進出の免罪符ゲットw
こんな茶番が歴史的とか笑わせる。

36: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/11(月) 11:25:36.34 ID:TPKvuve3
アメリカは
北朝鮮が核廃棄の合意を破ったら
朝鮮半島まとめて経済制裁するという宣言をしておくべき。

そうすれば、北朝鮮の手先となってアメリカを交渉に引き入れた韓国が、
必死で 北朝鮮に合意を守らせようとする側に回るだろう。

37: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/11(月) 11:26:23.47 ID:uMeU5gIM
DNAだからどうにもならないだろ

40: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/11(月) 11:27:38.94 ID:/JIDtF9N
キンペーと会談中にシリアにトマホークをぶち込んだからな
刈上げと会談中に

43: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/11(月) 11:29:55.98 ID:vcgjZkNL
レアアースなんかも幻想らしいな

54: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/11(月) 11:32:32.73 ID:TPKvuve3
>>43
有望な鉱山があったら、とっくに中国が抑えているだろう。

48: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/11(月) 11:30:54.90 ID:+YO3kXFs
>>1
誰でも知ってることを今さら言われても。

58: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/11(月) 11:34:07.49 ID:C+dIhQml
こうもりなら、こうもりでいいのだが、くっつく相手を間違えるから、不幸になる。
くっつく相手さえ間違えなければ、常勝国として、繁栄できるのに。
どうして、間違えちゃうんですかねぇ。

61: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/11(月) 11:35:07.57 ID:TPKvuve3
アフガニスタンの鉱物資源はどうなったんだろうな。

 米国防総省は6月、アフガニスタンには1兆ドル(約90兆円)規模の鉱物資源が眠っていると発表。
これはアフガニスタン政府の歳入の1000倍に相当する額で、今後の可能性に大きな期待が膨らんだ。
・・・・・・・

68: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/11(月) 11:37:37.96 ID:M/sKUor2
何を今更

70: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/06/11(月) 11:37:54.19 ID:RC/iEJrO
プレジデントは阿保か北南関係無く、
"北朝鮮はまた必ず裏切る"じゃなく"裏切りデフォが朝鮮民族"が一般常識